アフィリエイトが本業の海外在住自由人

途上国でボランティアしながらでも安定的に収入を得ることは可能です。 海外から日本を見て感じたことや、人間の本質について考えながら生きています。

思考は現実化する。冒険は経験を生む。時間はゴウゴウと流れる。

      2015/12/15

Sponsored Link


time_machine

アメリカで、ある調査が行われました。

仕事をリタイヤした高齢(90代)の人を対象に、こんな質問がされました。

 

「これまでの90年の人生を振り返って、最も後悔していることはなんですか?」

 

この質問に9割の人はこう答えたそうです。

 

「もっと冒険しておけばよかった。」

 

あなたはどう思いますか?

まあ、まだこのおじいちゃんたちから見れば、若いし…

と思っていても、人生はあっという間です。

 

ところで、小さい頃、

ドラえもんの漫画を読んでいて恐ろしくて忘れられないひみつ道具がありました。

のんびり昼寝ばかりしているのび太に喝を入れるためにドラえもんが出した道具。

 

時間を風で感じる「タイムライト」

 

時間の流れはものすごい速さで流れているということを

実感するための道具。

a583983f

ドラえもんも、小学生ののび太によくこんなこと言ったなぁと思います。

ドラえもん「よくみておくんだね。

きみがひるねしてる間も、

時間は流れ続けてる。

一秒もまってはくれない。

そして流れさった時間は二度とかえってこないんだ!!」

今思い出してもても恐ろしい言葉です…タヌキやろうめ。

 

冒険は若いうちに

もう手遅れだ。と思いますか?

人生で一番若いのは今日なんだそうです。

 

明日は今日より年をとる。

 

まさに、時間はゴウゴウと流れているのですね。

今が一番若いのであれば、チャレンジするのは今がベストタイミング。

たとえチャレンジして失敗したとしてもそれは、貴重な経験になる。

 

最近やっとNHKの大河ドラマ「龍馬伝」を見ました。(いつの話だよ)

ミャンマーではそういうテレビ番組は近所のDVD屋さんで

中国から輸入されて来た、いわゆるアレなやつでしか見れないのです…

それから歴史にハマって、薩摩藩(さつまはん)に興味が湧きました。

薩摩藩の教えが学びになります。歴史ってすごいですね。

その中でこんな教えがあります。

男の順序

一、何かに挑戦し、成功した人

二、何かに挑戦し、失敗した人

三、自分では挑戦していないが、挑戦する人を手助けした人

四、何もしない人

五、何もしないが、他人の批判だけをする人

 

順序ですから、上から下にいくにつれて、ショボ男になっていきます。

こういう本質って昔から変わらないんですね。

誰かが何か新しいことを始めようとして、

ちょっと人と変わったことに挑戦しようとすると、

 

五、何もしないが、他人の批判だけをする人

が、

「やめておきなさい」「所詮無理なんだよ」「できるわけがない」

つまりショボ男が説得してきます。

 

で、失敗すると

「ほれみたことか!」「だから言ったのに」

で、結局その人たちは何もしていない。

 

そういう人が、チャレンジしている人を批判だけするのです。

チャレンジしている人をバカにする。

 

これは絶対にやってはならない。歴史が証明しています。最低ランクの人です。

 

私も仕事を点々としていたので、

ある人たちからは「ダメなやつ」として評価されました。

でも、一つの企業にしがみついて、それ以外何も知らない、

知ったようなふりをしている人よりは

Sponsored Link


ずっと経験値があると思っています。実際、海外移住をしていますが、

私を「ダメなやつ」と評価した人たちは今も会社内で社畜として

 

一生懸命に会社に人生を捧げています。

※(決して会社員の方をバカにしているわけではありません。

一部の人です。気分を悪くされたらごめんなさいね。)

 

海外に住むという選択肢が決して優れているわけではありませんが、

彼らは、

「憧れるわー。いいなーそんなことができて。

自分にはムリだ。仕事辞められないし。

と言います。

 

別の行き方を、選択肢の一つとしてさえ考える事さえできない。

仕事が好きで好きでたまらないのならいいでしょうが、

仕事の愚痴を酒の肴にしている状況では「仕事命」とは到底思えません。

 

どっちが自由な人生なのでしょうか。

冒険はチャレンジ。チャレンジすることを諦めたら死んでいるのと変わらない。

人生はチャレンジの連続です。

 

会社組織も、人の心理をうまく利用して、

会社の中で【出世】という昇進をチャレンジするシステムがありますが、

結局それは井の中の蛙です。全然世を出るどころか、社もでていない。

 

そこをリストラされてしまおうものなら、

それまで積み上げたもの全てが崩れ落ちる。

めっちゃ頑張ったのに、ありゃなんだったんだ。ということになります。

 

実際にひどい経験をして燃え尽き、鬱になって入院した友人がいます。

 

今では仕事もできず、生活保護で一人暮らしをしています。

その友人は本当に心が優しく、いい人です。

今でも日本に帰った時には会いに行きます。

何も知らず、一生懸命に捧げてきたのに、

人生を壊され、社会から捨てられるなんて可哀想すぎます。

 

会社や国に依存するのではなく、自分のことは自分でしっかりと稼ぐ。

 

それから好きなことをいくらでもやる。

自分の人生を設計するのは自分だけです。

 

チャレンジしまくって失敗しまくる。

「思考は実現化する」というのは、きっとこういうことなのだと思うのです。

 

思考ーチャレンジー失敗ー修正ーチャレンジー失敗ー修正(繰り返し)ー成功!実現

 

思考が変わると行動が変わる。

行動が変わると習慣が変わる。

習慣が変わると、人生が変わる。

 

プロ野球選手、松井秀喜の座右の銘です。

経験値を上げれば成功に限りなく近づくのは自然の原理ですよね。

 

ドラクエ世代としては、よくイメージするのですが

(知らない方はごめんなさい。冒険RPGゲームです。)

ラスボス(最後の敵)を倒すには、レベルをとてつもなく上げなければなりません。

レベルを上げていくためには敵と戦わねばなりません。

敵が強すぎれば自分は負けてしまう。

 

負けても諦めずにレベルを上げれば、いつかはあの時強すぎたはずの敵を

簡単にやっつけることができるようになる。

 

あんなに苦労して全然勝てなかったのに気がつけば、

「あれ?このモンスターこんなに弱かったっけ?」

という経験はドラクエ世代の方ならわかっていただけるのではないでしょうか。

 

人生は冒険です。レベルは気がつけば上がっている。

という状態を目指す。そうなるためには

思考を行動に変えて、動いてみることが第一歩だと、強く思うわけです。

何をすべきか、

何が必要か、

何がいらないのか。

よーく考えて生きていきたいものです。

 

PS.

あと、ワクワクすることも本当に大事でよね。

将来の自分をイメージして、妄想に浸ることもすごく大事です。

私はいつも妄想しています。ニヤニヤして、嫁に「何楽しいこと考えてるの?

と言われて返答に困ることがあります。

 

脳みそお花畑状態の時間と、それに向かうための戦略。ワクワクしかしませんな。

 

まさろうに共感してみる

Sponsored Link


 - 本質